交通事故で役立つ弁護士費用補償特約などの3特約

保険の交通事故特約の内容とは?


交通事故に遭った時、自動車保険で非常に役に立つ特約が3つあります。

①弁護士費用補償特約

まず、弁護士費用補償特約というものがあります。
これは、自動車を運転していて事故に遭った時、法律上の訴訟などで弁護士を雇う費用を補償するものです。
 例えば、信号待ちで車を停止していた時に相手の車に追突されしまった場合、こちらは無過失ですから、弁護士法上、保険会社が当事者として示談を行うことができません。
しかしながら、追突した相手側が誠意を見せずに賠償に応じてくれない場合があります。
その時に弁護士を活用して訴訟によって相手側に対して賠償請求を行う際、弁護士費用補償特約を活用することが可能となるわけです。

②対物超過修理費用補償特約

 次に、対物超過修理費用補償特約があります。
これは、自動車を運転している時に相手方の車を損傷させてしまい、相手方の車の修理費が時価額を超えてしまった場合に、その超えた部分を補償するものです。
 例えば、時価15万円の相手車を損傷させてしまったとします。
ただその車は、非常に古い車で、部品の調達が難しいことなどによって、実際の修理費が30万円かかってしまった場合、法律上の損害賠償責任の額は自動車の時価額となります。
したがって、自動車保険の対物補償では時価15万円しか補償できず、超過した差額の15万円は自己負担となってしまいます。
そんな時に、対物超過修理費用補償特約があると、超過した差額の15万円も対応ができるというわけです。

③日常賠償責任補償特約

 最後に、日常賠償責任補償特約があると非常に便利です。
これは、日常において人を怪我させたり、人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負う際に、その損害額を補償するものです。
最近では、自転車による交通事故が増えており、場合によっては、後遺障害が発生するけがを負わせてしまい、損害額が約1億円もの損害賠償責任を負うというケースも出ています。
そんな時にこの特約は非常に役に立つといえます。