交通事故の示談交渉は弁護士に任せる方が有利です

交通事故訴訟は賠償金の問題が頻発


公道で走行する自動車の所有者は必ず自賠責保険に加入することが義務付けられています。
この自賠責保険は交通事故の被害者救済に主眼が置かれたもので、その保険金の支給額は必ずしも被害の補償に十分足りる金額とはなっていません。
そのため、実際には多くのドライバーが自賠責保険の他に任意保険にも加入しています。
被害者の側からすると、たとえ加害者が貧乏でも保険会社がお金を支払ってくれるので大丈夫だという安心感がありますが、満足のいく賠償金が支払われていないケースがかなりあります。

保険会社は支払額を低く抑えたい

なぜそのようになっているのかと言うと、どの保険会社もなるべく支払い額を低く抑えようとするためです。
請求されるがままにバンバン保険金の支払いを行っていたのでは、保険会社の経営が立ち行かなくなってしまいます。
そのため、なるべく支払う金額を安くしようとしています。
ここ数年は、交通事故の発生件数が増大していますので、その傾向が顕著になっています。

交通弁護士は対保険会社のエキスパート

多くの場合、加害者自らが示談交渉を行うのではなく、保険会社の担当者が行うようになっています。
保険会社の担当者は、日常的に業務として事故処理にあたっていますので、交渉を有利に進めるコツを身につけています。
ヤクザを相手に交渉するようなこともしばしばありますので、一般人との示談交渉など、お茶の子さいさいです。
裁判基準をはるかに下回る自社基準の価格表などを提示して、強引に合意を迫ってくるようなケースも少なくありません。

対保険会社では一個人は不利となる

素人が一人で交渉にあたろうとしても、いいようにあしらわれてしまうのがオチなので、少しでも有利な金額で示談をまとめたいのであれば、最初から弁護士に代理をお願いするのが得策です。
弁護士は、過去の裁判結果を知っていますので、保険会社の担当者と対等に渡り合うことができます。
また、なんといっても交渉事のプロですので、利用するメリットはかなり高いと言うことができます。